Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PBC、PCの操作画面を一定間隔で記録するセキュリティ製品 - 8時間で30Mバイト

パシフィックビジネスコンサルティング(PBC)は、PCの操作画面を、一定間隔ごとに記録することでユーザーの不正行為を抑制するセキュリティ製品「AquaGuard」を、7月7日より発売する。

同製品は、PCの操作画面を一定間隔ごとに記録することで不正行為を抑制するセキュリティソリューション。データ圧縮技術により、XGAで16色の操作画面を5秒ごとに8時間の記録を行った場合、消費する記憶容量を30Mバイト程度に抑えたという。

スタンダードとプロフェッショナルの2モデルが用意されており、両製品共通の機能として「レコード機能」と「ディフェンス機能」を搭載。PCの起動から画面を記録し、記録間隔は1秒から9999秒まで設定できる。ネットワーク未接続時のオフライン記録も可能。また、同システムの無効化も防止する。

さらにプロフェッショナルでは、指定したアプリケーションやファイルにアクセスがあった場合に警告を行う「アラーム機能」や、アラームに関する細かい設定が可能な「コントロール機能」が搭載されている。

(Security NEXT - 2009/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
動作記録とアラートから脅威を判断、対応支援するイスラエル製「SECDO」 - 丸紅ITSが発売
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
インシデント対応を支援する拡張機能をリリース - タニウム
ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
カスペ、Windows用セキュリティ製品に新版 - サーバでもアプリ実行制御が可能に