Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクテレコム、サイバー脅迫などの「DDoS攻撃」を防ぐ新サービス

ソフトバンクテレコムは、同社インターネットサービス「ULTINA Internet」の利用者向けに「DDoS攻撃」を検知し、防御する新サービスを7月1日より提供する。

今回提供を開始する「ULTINA Internet DDoS検知・防御サービス」は、大量のパケットを送りつける「DDoS攻撃」を検知や防御を実現するサービス。

あらかじめ設定した数値以上のアクセスが発生した場合、注意喚起を行うメールを指定のメールアドレスへ送信。希望に応じて攻撃発生時に全通信を停止する「ブラックホール機能」や特定の通信を制御する「フィルター機能」を提供する。

また「Cisco Guard」を導入しており、同機器を経由させ、正常な通信のみ利用者向けに流すことが可能。通信の統計情報を専用のウェブサイトやメールで確認できる。

月額利用料は10万5000円から。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2009/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC