Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さくらインターネットに対してDoS攻撃が発生 - 一時アクセス遅延も

さくらインターネットは、同社IPアドレスに対してDoS攻撃が発生し、一部サービスでアクセスの遅延が発生したと発表した。

6月29日14時過ぎから20分間にわたり、同社が所有するIPアドレスに対して大量のアクセスが発生したもの。今回のDoS攻撃のため、同IPを利用しているホスティングサービス「専用サーバ」「専用サーバエントリー」の一部でアクセス遅延といった影響が出た。すでに問題は解消しているという。

(Security NEXT - 2009/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「memcached」利用した1.7Tbps規模のDDoS攻撃 - 対策進まなければ大規模攻撃続くおそれ
外部公開された「memcached」は5万台以上 - 踏み台1つで1Gbps弱のトラフィック
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
2月21日ごろより「memcached」狙うアクセスが増加 - 悪用報告も
「memcached」を踏み台とする反射型DDoS攻撃、500Gbps以上のケースも
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも