Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃から日本を守った「言語の壁」、しかしガラパゴス化も

サイバー攻撃者の生活はプール付き豪邸にカード偽造機

エフセキュア日本法人の設立10周年を記念し、F-Secureのセキュリティ研究所主席研究員であるMikko Hypponen氏が来日、今月24日に開催された記者懇談会で最近のセキュリティ状況について語った。

090629fs1.jpg
Mikko Hypponen氏

インターネットの普及により、マルウェアに用いられる技術や拡散するスピードが大きく変化しているが、同氏はイベントにおいて、そのなかでも最大の変化が「攻撃者」だと指摘している。

(Security NEXT - 2009/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず