Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務情報2万8000件含む県や公社のPCが建設事務所で盗難 - 愛知県

愛知県の知立建設事務所が事務所荒らしの被害に遭い、個人情報や事業者情報約2万5000件が保存されたパソコン9台が盗まれた。

6月19日22時10分ごろから翌20日8時30分までの間に何者かが事務所内に侵入し、県が管理する業務用パソコン6台や、県住宅供給公社が管理するパソコン3台を持ち去ったもの。

県が管理するパソコンには、都市計画法、建築基準法、建設リサイクル法などに関する許認可申請や届け出、相談などを行った個人や事業者の名称、対象となる場所など約2万2000件の情報が含まれる。

また公社が管理していたパソコンには、県営住宅入居者の氏名、電話番号、同居者および保証人の氏名、家賃滞納額など約3000件の個人情報が保存されていた。

いずれもデータはバックアップされており、業務に支障はないという。同県では再発防止に向け、セキュリティ強化や巡回体制の見直しなど検討する。

(Security NEXT - 2009/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先に事務所荒らし、顧客情報含むPCが被害 - パナソニック関係会社
施錠したキャビネット内の注文伝票控えが空き巣被害に - ピザハット
事務所荒らしで個人情報含む業務用PC10台が盗難 - 南海辰村建設子会社
顧問先で業績情報やメールアドレス含むPCが盗難被害 - 中京医薬品
店舗が荒らされ顧客情報が盗難 - 山形県の三菱系ディーラー
インドで事務所荒らし被害、ノートパソコンが盗難 - ジェトロ
慶大でパソコン25台が盗まれる - 1台に学生の個人情報
再々委託先で顧客情報含むPCが盗難 - パナホーム多摩
再委託先が事務所荒らし被害で顧客情報盗まれる - 東京みどり農協
委託先で事務所荒らしが発生し顧客情報含むPCが盗難 - 積水ハウス