Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先や従業員の個人情報を誤って社内研修資料に掲載 - パナソニックコミュニケーションズ

パナソニックコミュニケーションズは、取引先や同社従業員の個人情報を、社内研修資料に誤って掲載していたことを公表した。

同社によれば、2008年8月や2009年1月に実施した研修会において、参加者7人に対し配布した研修資料のCD-Rに、取引先と同社従業員の個人情報8人分が掲載されていたという。名字、ふりがな、携帯電話番号が含まれる。

さらに同資料は2009年6月12日まで社内ネットワーク上にも掲載され、一部の従業員に閲覧可能な状態となっていた。

同社によれば、資料作成時に電話帳のサンプルをダミーデータとして掲載すべきところを、誤って実在する電話帳データを利用したという。判明後、配布した資料をすべて回収し、ネット上に掲載されていた資料を削除した。また、漏洩の関係者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
ナンバープレートなど含む記念写真データが所在不明 - 三菱自
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
食物アレルギーなど小学校児童の個人情報をサイトに誤掲載 - 福岡市
セミナー案内メール誤送信 - 大分の建設会社
調査に協力した患者のカルテを従業員が不正に閲覧 - バイエル薬品
イベントチラシに一般出演者の氏名掲載でトラブル - 横浜市
個人情報を県のウェブサイトに誤って公開 - 鳥取県
患者の個人情報含む論文を誤って投稿、閲覧可能に - 杏林大