Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先や従業員の個人情報を誤って社内研修資料に掲載 - パナソニックコミュニケーションズ

パナソニックコミュニケーションズは、取引先や同社従業員の個人情報を、社内研修資料に誤って掲載していたことを公表した。

同社によれば、2008年8月や2009年1月に実施した研修会において、参加者7人に対し配布した研修資料のCD-Rに、取引先と同社従業員の個人情報8人分が掲載されていたという。名字、ふりがな、携帯電話番号が含まれる。

さらに同資料は2009年6月12日まで社内ネットワーク上にも掲載され、一部の従業員に閲覧可能な状態となっていた。

同社によれば、資料作成時に電話帳のサンプルをダミーデータとして掲載すべきところを、誤って実在する電話帳データを利用したという。判明後、配布した資料をすべて回収し、ネット上に掲載されていた資料を削除した。また、漏洩の関係者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
クイズ当選者の個人情報含むPCを紛失 - 産経新聞
埼玉県、准看護師試験の解答を開始前に誤って公開 - 試験結果に影響なし
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府