Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンドポイントセキュリティ製品のMac OS X版とUNIX版に最新版 - ソフォス

ソフォスは、セキュリティ対策製品の最新版「Sophos Anti-Virus for Mac OS X version7」と「Sophos Anti-Virus for UNIX version7」を発売開始した。

両製品は、統合セキュリティソリューション「Sophos Endpoint Security and Data Protection」に含まれるウイルス対策製品。

ウイルスの遺伝子情報により亜種を検知する「Genotypeテクノロジー」や、振る舞いを分析して未知のウイルスを検知する「Behavioral Genotype Protection」、実行中のプログラムでも疑わしい振る舞いが検知されれば実行を中断する「ランタイムHIPS」など、複数の技術によりコンピュータを保護する。

Mac OS X向けとなる「同 for Mac OS X version7」では、マルチコアプロセッサに対応。オンデマンドによるスキャン時間を短縮した。また、インターフェースを改良してApple Human interface Guidelinesに準拠している。

「同 for UNIX version7」では、保護状況を集中管理するコンソールにおいてHP-UXへ対応。HP-UXを利用している場合、従来のように個別管理の必要がなく、ほかのOSを利用したコンピュータとの一括管理が可能になった。今後もUNIX系OSへの対応を強化していく予定。

価格は、100ユーザー利用の場合、1ユーザーあたり年額6552円。

(Security NEXT - 2009/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
バッファロー、外付けHDDの故障予測サービス - 無償ソフトを提供
パロアルトの「Traps」、MacとAndroidに対応 - Officeファイルの不正マクロ対策も
カスペ、中小企業向けにエンドポイント製品の導入支援サービス