Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型のエンドポイントセキュリティサービス「Fiberlink」を提供 - サイバネット

サイバネットシステムは、企業が管理するPCやネットワークのセキュリティ対策機能を提供するSaaS型サービス「Fiberlink」を、7月1日より順次提供開始する。

同サービスは、米Fiberlink Communicationsが開発したSaaS形式のエンドポイントセキュリティソリューション。管理対象となるPCの設置場所や管理レベルに応じて、3つのメニューから選択できる。

「Control360」では、セキュリティソフトを監視して動作を管理するほか、OSのパッチやウイルス対策ソフトの定義ファイルをユーザーに代わって適用する。また、管理者向けのセキュリティレポート作成や、ハードウェア、ソフトウェア情報の収集にも対応。さらに、不正PCの接続を制限する検疫ネットワーク機能も搭載している。

一方「Mobile360」は、「Control360」の全機能をモバイル環境向けに提供するサービス。ダイアルアップからブロードバンド、携帯電話、PHSなど幅広い環境に対応。また「Visibility360」では、エンドポイントの状態を可視化し、イベントリ情報収集およびイベントリレポートを提供する。

100ユーザーあたりの月額利用料は、「Control360」が12万6000円。「Mobile360」が15万7500円。「Visibility360」が7万3500円。

(Security NEXT - 2009/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
マクニカ、S&Jのインシデント対応サービスを提供開始
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK