Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型のエンドポイントセキュリティサービス「Fiberlink」を提供 - サイバネット

サイバネットシステムは、企業が管理するPCやネットワークのセキュリティ対策機能を提供するSaaS型サービス「Fiberlink」を、7月1日より順次提供開始する。

同サービスは、米Fiberlink Communicationsが開発したSaaS形式のエンドポイントセキュリティソリューション。管理対象となるPCの設置場所や管理レベルに応じて、3つのメニューから選択できる。

「Control360」では、セキュリティソフトを監視して動作を管理するほか、OSのパッチやウイルス対策ソフトの定義ファイルをユーザーに代わって適用する。また、管理者向けのセキュリティレポート作成や、ハードウェア、ソフトウェア情報の収集にも対応。さらに、不正PCの接続を制限する検疫ネットワーク機能も搭載している。

一方「Mobile360」は、「Control360」の全機能をモバイル環境向けに提供するサービス。ダイアルアップからブロードバンド、携帯電話、PHSなど幅広い環境に対応。また「Visibility360」では、エンドポイントの状態を可視化し、イベントリ情報収集およびイベントリレポートを提供する。

100ユーザーあたりの月額利用料は、「Control360」が12万6000円。「Mobile360」が15万7500円。「Visibility360」が7万3500円。

(Security NEXT - 2009/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS