Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

係争案件の情報が記録されたUSBメモリを紛失、個人情報も - 横浜市

横浜市において、係争案件に関連する情報が保存されたUSBメモリの所在がわからなくなっている。

同市資源循環局の産業廃棄物対策課の職員がUSBメモリを紛失したもので、USBメモリには、現在係争中の産業廃棄物の不適正処理事案に関連する情報が保存されていた。関連する54人分の氏名や16人分の住所など個人情報も含まれる。

6月18日午前、データをUSBメモリへコピーして、市庁舎外にある文書保管場所へ移動。その後保管書類と持参したデータの照合作業を行い、市役所へ戻る途中で紛失したと見られている。

紛失判明後、移動経路を捜索したが発見できず、同日夜に遺失物届を提出した。同市では、関係者への説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2009/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院