Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家電量販店の相談カウンターへ持ち込まれたPCの約半数にウイルス

大型量販店の相談カウンターへ持ち込まれたパソコンの約半数に、ウイルスが感染していたことがわかった。

大手家電量販店のヨドバシカメラでパソコン相談カウンターを提供しているパステムセゾンが、感染状況の実態を明らかにしたもの。同社では2008年12月に相談カウンターにおいてウイルスチェックサービスを開始。半年間で約2500台について調べたところ、約半数からウイルスやスパイウェアが見つかったという。

調査対象となったパソコンは、相談カウンターに持ち込まれた不調PCが中心であるとはいえ、同社では「予想以上の感染率」だったという。

(Security NEXT - 2009/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増