Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

形骸化した一部のルールが、ルール全体の形骸化に向かう - トレンドの情報漏洩動向説明会

※本記事はメールマガジン「3分で読める! 今週のITセキュリティ」2009年6月19日号に掲載されたものです。

トレンドマイクロは16日、都内で記者を対象とした情報漏洩リスクに関する説明会を開催した。

2008年9月に発生した金融危機以降、世界規模で急速に経済が冷え込み、企業の経済活動はもちろん、雇用情勢など大きな影響を与えているが、今回実施された説明会は、こうした状況下において企業が直面する「情報漏洩リスク」について取りまとめ、解説した。

最初に説明を行った同社ソリューションビジネス推進部の横川典子氏は、国内企業の情報漏洩状況を紹介した。同社が2008年に実施した調査では、1年間で 9%が漏洩事件を経験したと回答。さらに13%については「わからない」と答えており、危険そのものを把握できていない現状があるという。

さらに漏洩原因の78%が内部によるもの。偶発的な事故が大半であるものの、不正持ち出しや内部犯罪といった意図的な犯罪行為も漏洩全体の約5%に上っている。

090622tm1.jpg
横川典子氏

(Security NEXT - 2009/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
総務省、セキュリティ人材育成で検討会 - 地方での人材確保も焦点に
家電操作対応東芝製HEMSに複数脆弱性 - 機器の制御奪われるおそれ
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan