Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防犯機器の管理ソフト2種を発表 - パナソニックSS

パナソニックシステムソリューションズジャパンは、建物の防犯カメラや侵入探知機と連動し、統合的に管理できる「多機能アラーム連動ソフトウェア」「モニター制御ソフトウェア」を8月に発売する。

両ソフトウェアは、監視システムや防犯カメラなどのアラームやモニターの統合制御を実現するソフトウェア。発生した警告へ効率よく対応することができる。従来顧客にあわせて個別に開発する必要があったが、ノウハウを活かしてパッケージ化を実現、従来より価格を抑えたという。

「多機能アラーム連動ソフトウェア」では、最大256接点のアラーム情報監視でき、1件のアラーム情報に対して最大50台の監視機器や防犯カメラの制御が可能。一方「モニター制御ソフトウェア」では、タッチパネルによる映像表示制御に対応した。

(Security NEXT - 2009/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研