Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防犯機器の管理ソフト2種を発表 - パナソニックSS

パナソニックシステムソリューションズジャパンは、建物の防犯カメラや侵入探知機と連動し、統合的に管理できる「多機能アラーム連動ソフトウェア」「モニター制御ソフトウェア」を8月に発売する。

両ソフトウェアは、監視システムや防犯カメラなどのアラームやモニターの統合制御を実現するソフトウェア。発生した警告へ効率よく対応することができる。従来顧客にあわせて個別に開発する必要があったが、ノウハウを活かしてパッケージ化を実現、従来より価格を抑えたという。

「多機能アラーム連動ソフトウェア」では、最大256接点のアラーム情報監視でき、1件のアラーム情報に対して最大50台の監視機器や防犯カメラの制御が可能。一方「モニター制御ソフトウェア」では、タッチパネルによる映像表示制御に対応した。

(Security NEXT - 2009/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS