Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防犯機器の管理ソフト2種を発表 - パナソニックSS

パナソニックシステムソリューションズジャパンは、建物の防犯カメラや侵入探知機と連動し、統合的に管理できる「多機能アラーム連動ソフトウェア」「モニター制御ソフトウェア」を8月に発売する。

両ソフトウェアは、監視システムや防犯カメラなどのアラームやモニターの統合制御を実現するソフトウェア。発生した警告へ効率よく対応することができる。従来顧客にあわせて個別に開発する必要があったが、ノウハウを活かしてパッケージ化を実現、従来より価格を抑えたという。

「多機能アラーム連動ソフトウェア」では、最大256接点のアラーム情報監視でき、1件のアラーム情報に対して最大50台の監視機器や防犯カメラの制御が可能。一方「モニター制御ソフトウェア」では、タッチパネルによる映像表示制御に対応した。

(Security NEXT - 2009/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン