Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座情報や暗証番号含む磁気テープが河川敷で見つかる - 九州労金

九州労働金庫へ2001年に統合した旧福岡県労働金庫が発行していたカード情報1万3227件を含む磁気テープが、福岡県内の河川敷に捨てられていたことがわかった。

福岡県南部の河川敷で発見されたのは、旧福岡県労働金庫の口座情報を記録した磁気テープ。1986年にシステム移行した際に作成されたもので、当時発行していたカード情報1万3227件が保存されており、旧システムの口座番号や暗証番号などが含まれる。

九州労金では、9111件に関してすでに暗証番号が変わっていたり解約されているなど、今後二次被害が発生する可能性はないと説明。一方、のこり4116件については、不正利用といった被害は報告されていないものの、二次被害が発生する可能性もあるとして、利用者へ暗証番号の変更を案内を行っている。

(Security NEXT - 2009/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
廃業した工具通販サイト、2017年にクレカ情報流出の可能性
市立図書館が個人情報含む予約カードを紛失 - 堺市
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
タクシーポイントサービスで提供先以外から会員情報が閲覧可能に