Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、JCMVPの「暗号アルゴリズム確認制度」で初認定

情報処理推進機構(IPA)は、シーアイシーシステムズが申請した「CICLOCK II for Windows ライブラリ」に対して「暗号アルゴリズム確認書」を発行した。

同確認書は、「暗号モジュール試験及び認証制度(JCMVP)」の「暗号アルゴリズム確認制度」もとづいて発行したもの。同確認制度における確認書の発行は今回がはじめて。

JCMVPは、暗号モジュールへ暗号アルゴリズムが適切に実装されていることやセキュリティが確保されているか確認する制度。「暗号アルゴリズム確認制度」は、同制度において暗号アルゴリズムの実装が適正であることのみを判断するもので、1月16日より開始スタートしている。

(Security NEXT - 2009/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
EUの十分性認定に向けた個人データ取扱ガイドライン案 - パブコメ実施
LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表
認定個人情報保護団体の活動を紹介するシンポジウム - 個人情報保護委
2017年秋期セキュマネ試験、合格率は50.4% - 非IT系企業がIT系企業上回る
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
セキュリティ人材のキャリアパスや処遇改善など検討する「JTAG」 - 発起人会が発足
LINEのバグ報奨金プログラム、10カ月で133件の報告 - 脆弱性認定は5件
個人情報保護委、匿名加工情報や安全管理措置についてまとめたレポート
認定個人情報保護団体の認定指針案を公開 - パブコメ実施