Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「バーチャル・パッチ」機能を搭載した仮想化サーバ向けIPS - 日本IBM

日本IBMは、仮想化環境でIPS機能を提供するセキュリティソリューション「IBM Proventia GV1000」を発売した。

同製品は、仮想化によりサーバが統合された環境において、効率よくセキュリティ対策を実施できるセキュリティアプライアンス。同製品自体も仮想化環境で動作するため、専用のハードウェアは不要。

サーバにパッチを適用したのと同様の状態を実現する「バーチャル・パッチ」機能を搭載。パッチの適用にあたり、動作検証が求められる場合などすぐに適用できない場合も、脆弱性を解消することができる。

またITインフラをクラウドにより提供するプロバイダでは、同製品により利用者ごとに異なったセキュリティ環境を実現できる。価格は286万6500円。

(Security NEXT - 2009/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
カスペ、脆弱性とパッチのマネジメントソリューション
PFU、不正にネットワーク接続された機器を検知するアプライアンス
NEC、金融機関向けにインターネット接続サービス - CSIRT支援も
「CentOS 5」の延命サービス - 2020年までパッチ提供
横河電機と米Cisco、プラント制御システム向けソリューション
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
Rapid7、脆弱性管理ソリューションにデータ収集機能を追加