Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBトークンと電子証明書の二要素認証を採用したリモートアクセス製品 - ペンティオ

ペンティオは、SSL-VPN技術と無線LANサービスを利用した中小企業向けリモートアクセスソリューション「Secure Accessプラス」を提供開始した。

同ソリューションは、ジュニパーネットワークスのSSL-VPN装置「Secure Access700シリーズ」と、ペンティオの認証局パッケージ製品「PentioプライベートCA Gleas」、およびクライアント証明書を格納する認証用USBトークン「Pentio PKI USB token 1800」を組み合わせリモートアクセスソリューション。

VPN接続認証時には、電子証明書とUSBトークンのパスワードによる二要素認証を実現している。価格は、導入前のヒアリングと設定費用が40万円。機器およびライセンス費用が137万円。別途保守費用や通信費用が必要。

(Security NEXT - 2009/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米Juniperから事業譲渡受けた米Pulse Secure、日本法人を設立
日立システムズ、マルチデバイス対応リモート接続サービスを提供
ソリトン、リモートアクセスソリューションにジェイルブレイク検知機能を追加
米Remotiumの仮想基盤活用するBYOD環境構築ソリューション - 日立ソリューションズ
アルテリア、SDNを利用したMDMサービスをリリース
KCCS、BYODをサポートするリモートアクセスサービス
「NOSiDE」が不許可アプリの検出に対応 - NTTデータ先端技術
「FFR yarai」が「DLLプリロード攻撃」に対応 - 「.NETマルウェア」の攻撃も防御
NTTPC、公私分離でBYODを実現するリモートアクセスサービス
NTTデータ先端技術、RDP接続に特化したリモートアクセス検疫ソリューション