Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

稼働中の「Yahoo! JAPAN」フィッシングサイト、再び見つかる

フィッシング対策協議会では、8日に稼働している「Yahoo! JAPAN」のフィッシングサイトについて注意喚起を行ったばかりだが、再び攻撃が確認されたとして注意喚起を行った。

見つかったフィッシングメールは、「Yahoo! Auctionsよりご案内です」などとして不正サイトへ誘導し、個人情報を騙し取る手口。フィッシングサイトでは、氏名や住所、電話番号のほか、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコード、3Dセキュアなど詳細な情報を入力させようとする。

16日17時過ぎの時点で稼働中のため、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターに調査依頼を行った。また同協議会では、類似したフィッシングメールなど情報提供を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple