Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス対策ソフトの障害発生時に正常システムへ切り替えるクラスタソフト - NEC

NECは、クラスタソフトウェアにウイルス対策ソフトの監視機能などを追加した最新版「CLUSTERPRO X 2.1シリーズ」を発売した。

同製品は、障害が発生した場合、正常に作動しているサーバに切り替えてシステム全体の停止を防ぐクラスタソフトウェア。

今回発売された最新版では、システムに導入されているウイルス対策ソフトを監視する機能を追加。ウイルス対策ソフト自体に発生した障害を検知し、正常なサーバに切り替えを行うことで、障害発生時でもウイルス対策環境を継続することができる。

また、データベースの更新を任意のタイミングで一時的に停止し、バックアップ時のデータベースの整合性を保つ機能や、共有フォルダの設定を稼働中のサーバから待機中のサーバへ自動反映する機能を追加。運用管理の効率化が向上した。

価格は、2CPUライセンスで63万円から。「ウイルスバスター コーポレートエディション」に対応した監視機能などを提供するオプション製品「CLUSTERPRO X Anti-Virus Agent 2.1」は、2ノードライセンスで31万5000円からとなっている。

(Security NEXT - 2009/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
アプリ管理ツール「Applications Manager 7.1」がバージョンアップ - SOAPやOracleに対応
NTTデータ先技、Oracle製品向け一次保守サービスを提供
アドバンスデザイン、フォレンジック向けデータ取得ツール
テリロジー、パケットの収集から解析まで行うサーバ製品
東京海上日動、AWSに特化した損害保険をリリース
セコム、ドローンを利用した民間警備サービス