Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類が所在不明に - 三井不動産住宅リース

三井不動産住宅リースにおいて、顧客情報が記載された書類8件が所在不明になっていることがわかった。

所在が不明になっているのは、取扱物件の契約にともない顧客から提出された書類8件で、氏名や住所などが記載されていた。そのうち7件については、社外へ持ち出した形跡がないとして社内で紛失や誤廃棄した可能性が高いという。

残り1件については、顧客に郵送した書類が所在不明になったもので、紛失した情報の不正などは確認されていない。同社では関連する顧客に説明と謝罪を行い、所管する国土交通省へ報告した。

(Security NEXT - 2009/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる