Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証、楽天証券やマネックス証券を処分 - システム障害で

東京証券取引所は、違反行為があったとして楽天証券やマネックス証券に対して処分を行った。

東証では両社について、ネット専業証券会社として安定したシステムの整備が求められるものの、管理体制が不十分だったとし、過怠金300万円の処分を行い、あわせて両社に対して業務改善報告書の提出を求めた。

マネックス証券では、2006年に業務改善命令を受けているが改善策の実施に問題があり障害が発生。一方楽天証券において、2008年11月や2009年1月、長時間にわたる受注停止や遅延が発生。金融庁では、証券取引等監視委員会の勧告を受け両社に対して業務停止命令を出している。

(Security NEXT - 2009/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ
「メール119システム」の登録者向けメールで誤送信
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施