Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証、楽天証券やマネックス証券を処分 - システム障害で

東京証券取引所は、違反行為があったとして楽天証券やマネックス証券に対して処分を行った。

東証では両社について、ネット専業証券会社として安定したシステムの整備が求められるものの、管理体制が不十分だったとし、過怠金300万円の処分を行い、あわせて両社に対して業務改善報告書の提出を求めた。

マネックス証券では、2006年に業務改善命令を受けているが改善策の実施に問題があり障害が発生。一方楽天証券において、2008年11月や2009年1月、長時間にわたる受注停止や遅延が発生。金融庁では、証券取引等監視委員会の勧告を受け両社に対して業務停止命令を出している。

(Security NEXT - 2009/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
さくらの一部サーバにDoS攻撃 - 2時間半にわたり接続障害
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
一部でインターネット接続が不安定に - 大量経路情報変更が影響
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中