Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

書類の誤送付など3件の個人情報関連事故を公表 - 大阪市

大阪市は、市税関連の書類や国民健康保険の還付通知書などの処理ミスによる個人情報の漏洩事故3件について公表した。いずれも関係者に説明と謝罪を行うとともに、書類の回収を進めている。

あべの西南市税事務所において、2件の個人情報漏洩事故が発生したもの。同市によれば、納付書を送付する際、誤って別人の相談記録を同封して発送していたことが、5月15日に納税者からの連絡で判明したという。また6月1日には、2人分の差押調書を入れ違えて送付していたことが明らかになった。

書類には納税者の氏名および住所のほか、差押調書に関しては金融機関名や口座番号、差押金額、徴収金明細などが記載されていた。

また6月4には、天王寺区役所の窓口において、廃棄する予定だった個人情報記載の書類が誤って持ち出される事故が発生した。2人分の国民健康保険料還付通知書と収納状況連絡票で、氏名、住所、被保険者番号などが含まれる。

職員がシュレッダーにかけようとした書類を持ったまま窓口で応対。窓口利用者に渡す書類の下に廃棄すべき書類を置いたため、誤って一緒に持ち帰ったという。翌日利用者からの連絡で判明した。

(Security NEXT - 2009/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元従業員が取引先情報を無断持出 - システム開発会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
消防本部で高齢者世帯名簿を紛失 - 岐阜市
コインロッカー未施錠に気付かず個人情報盗難被害 - 堺市
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
日本年金機構職員が窃盗容疑で逮捕 - 個人情報を持ち出しで
保育所児童の個人情報含む資料が盗難 - 福岡市
元行員が大口預金者の個人情報を窃盗などの共犯者に漏洩か - 佐賀銀