Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQL Serverの監査ログを長期保管する統合ログ管理システム - インフォサイエンスら

インフォサイエンスとシステムエグゼは、統合ログ管理システムとデータベース監査ツールを連携させた「Logstorage SSDB監査連携パック」を、6月24日より発売する。

同製品は、インフォサイエンスの統合ログ管理システム「Logstorage」と、システムエグゼが提供する「SQL Server」に特化したデータベース監査ツール「SSDB監査」を連携させた内部統制ソリューション。

「SQL Server」へのアクセスログを長期にわたり保管でき、ログの高速検索や追跡が可能。ログの改ざん対策として、暗号化や電子署名機能を備えている。

また、サーバルームへの入退室やリムーバブルメディアへのデータコピー、印刷などほかのシステムのログとサーバへのアクセスログを統合した横断的な分析にも対応するほか、すぐに利用できるレポートテンプレートも用意した。価格は10万5000円。

(Security NEXT - 2009/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化
IBM、SOCサービスを強化 - マルチベンダー対応の監視サービス
ネットワーク上の感染端末を検知するツール - セキュアブレイン
JASA、情報処理安全確保支援士向けに資格コース - 監査人補を取得しやすく
DNP、アプリの公開時から公開後までセキュリティ機能を高めるサービス
KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加