Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ファミ通ドットコム」で顧客情報約7700人分が外部から閲覧可能に

エンターブレインが運営する「ファミ通ドットコム」において、登録されていた一部顧客情報が外部から閲覧可能な状態となっていたことがわかった。

2006年8月にサーバのディレクトリを変更したが、その際に設定ミスがあり問題に気が付く2009年6月5日まで約2年10カ月にわたりインターネット経由で閲覧できる状態になっていたもの。外部より指摘を受けて問題が発覚した。

流出した可能性があるのは、同サイトが以前提供していたメールマガジンや、ファイルダウンロードサービス、レビューログ、マイゲームリストの登録利用者の一部。顧客7686人分のメールアドレス、ユーザーネーム、都道府県名のほか、顧客18人分の住所や電話番号、メールアドレス、ユーザーネームが外部からアクセスされた可能性がある。

同社では設定を修正。サーバー内には、約10万2000件の顧客情報が保存されており、これらデータの流出可能性についても同社では確認を進めている。また所管する官庁へ事故を報告し、関連する顧客へメールで謝罪している。

(Security NEXT - 2009/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
イベント告知メールで誤送信 -兵庫の託児施設
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大
顧客情報9.2万件含むサーバに不正アクセス - パーソルキャリア