Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルホスティングサービス経由でウイルスが流通 - SNSサイトなどに危険なリンク

G Data Softwareによれば、ファイルホスティングサービスサイトにおいて5月末以降ウイルス感染ファイルが急増しているという。

同社研究機関が観測したもので、「rapidshare.com」をはじめ、ファイルホスティングサービスを通じてウイルス感染ファイルの流通が増加している。拡散しているウイルスの種類はバックドアやダウンローダーなど種類は限られず、フリーのツールで作成していると見られている。

またウイルス感染ファイルをダウンロードさせるため、関係者が集まるサイトやSNSなどへリンクが張られているという。こうしたサイトは本来、不正サイトではないことから、危険サイトのブラックリストへ登録することが難しく、圧縮ファイルにウイルスを忍ばせることにより、ウイルス対策ソフトの検知を逃れるなど手口が悪質なことから、同社では被害に遭わないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加