Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルホスティングサービス経由でウイルスが流通 - SNSサイトなどに危険なリンク

G Data Softwareによれば、ファイルホスティングサービスサイトにおいて5月末以降ウイルス感染ファイルが急増しているという。

同社研究機関が観測したもので、「rapidshare.com」をはじめ、ファイルホスティングサービスを通じてウイルス感染ファイルの流通が増加している。拡散しているウイルスの種類はバックドアやダウンローダーなど種類は限られず、フリーのツールで作成していると見られている。

またウイルス感染ファイルをダウンロードさせるため、関係者が集まるサイトやSNSなどへリンクが張られているという。こうしたサイトは本来、不正サイトではないことから、危険サイトのブラックリストへ登録することが難しく、圧縮ファイルにウイルスを忍ばせることにより、ウイルス対策ソフトの検知を逃れるなど手口が悪質なことから、同社では被害に遭わないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
5分学習ツールに新コース - テーマはIPAの「情報セキュリティ5か条」
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
「端末がウイルスに感染」と脅して偽サイトへ誘導 - ドコモかたるフィッシング
「三菱クレジットカード」を名乗るフィッシング攻撃
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に