Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9割以上が複数サイトでIDを使い回し - 野村総研調査

約9割のユーザーが、IDやパスワードを複数のサイトで使い回している実態が野村総合研究所の調査により判明した。

同社が2009年3月に16歳以上69歳以下の男女1000人を対象に、インターネットで使用するIDについて調査を実施し、判明したもの。「いくつかあるIDやパスワードから選ぶ」との回答が66.7%ともっとも多く、「ひとつに統一する」という回答も25.8%に上り、9割以上のユーザーがIDやパスワードを複数のサイトで併用していた。

IDやパスワードが必要となるサイトの利用数は平均19.2サイトに上るという。そのなかで毎日利用するサイトも平均6.7サイトと少なくない。サイトの種別としては、ウェブメール、ネットショップ、ネットバンキングなどの利用が目立っている。

またユーザーが確実に記憶できるIDやパスワードは平均3.1組と利用数に比べて極端に少ないことも判明。9割以上のユーザーが、IDやパスワードの登録に負担や抵抗など感じているものの、登録件数について「増やしたくないが増えてしまうと思う」との回答が58.5%に達している。

(Security NEXT - 2009/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割