Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録ボランティアの個人情報が流出 - 東京2009アジアユースパラゲームズ

障害者による国際総合競技大会「東京2009アジアユースパラゲームズ」の登録ボランティアに関する個人情報が、外部に流出したことがわかった。

流出事故が発生したのは、同大会のボランティア登録者に送信された研修説明会に関する案内メール。大会事務局よりボランティア事業を受託しているアサツーディ・ケイの担当者が、6月3日に同報メールを「CC」で送信するミスがあり、氏名やメールアドレスなど186件の個人情報が流出した。

複数の関係者より流出について指摘があり問題が判明。同大会を所管する都も翌日同社を厳重注意とし、個人情報管理の徹底を求めた。また受信者に対して謝罪し、誤送信したメールの削除を呼びかけいる。

(Security NEXT - 2009/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン