Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録ボランティアの個人情報が流出 - 東京2009アジアユースパラゲームズ

障害者による国際総合競技大会「東京2009アジアユースパラゲームズ」の登録ボランティアに関する個人情報が、外部に流出したことがわかった。

流出事故が発生したのは、同大会のボランティア登録者に送信された研修説明会に関する案内メール。大会事務局よりボランティア事業を受託しているアサツーディ・ケイの担当者が、6月3日に同報メールを「CC」で送信するミスがあり、氏名やメールアドレスなど186件の個人情報が流出した。

複数の関係者より流出について指摘があり問題が判明。同大会を所管する都も翌日同社を厳重注意とし、個人情報管理の徹底を求めた。また受信者に対して謝罪し、誤送信したメールの削除を呼びかけいる。

(Security NEXT - 2009/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

元従業員が顧客情報を持出、持ち込まれた業者の通報で発覚 - GMOメイクショップ
「SQLi攻撃」で最大13万件の顧客情報が流出 - 日販グループ会社
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
問合窓口への見積依頼メールにマルウェア、顧客情報が流出 - ゲオ
システムエラーで個人情報がメール差出人情報に - FUJI-Wifi
イプサ、不正アクセスの調査結果を公表 - デバッグモードによりカード情報残存
成績情報含むファイルを学外に誤送信 - 千葉工業大
不正アクセスで個人情報2.2万件が流出の可能性 - ロングランプランニング
個人情報入りファイルを誤送信、パスワード通知メールに誤って添付
翻訳サービスに不正アクセス - 登録者の個人情報が流出か