Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録ボランティアの個人情報が流出 - 東京2009アジアユースパラゲームズ

障害者による国際総合競技大会「東京2009アジアユースパラゲームズ」の登録ボランティアに関する個人情報が、外部に流出したことがわかった。

流出事故が発生したのは、同大会のボランティア登録者に送信された研修説明会に関する案内メール。大会事務局よりボランティア事業を受託しているアサツーディ・ケイの担当者が、6月3日に同報メールを「CC」で送信するミスがあり、氏名やメールアドレスなど186件の個人情報が流出した。

複数の関係者より流出について指摘があり問題が判明。同大会を所管する都も翌日同社を厳重注意とし、個人情報管理の徹底を求めた。また受信者に対して謝罪し、誤送信したメールの削除を呼びかけいる。

(Security NEXT - 2009/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
サイト売買仲介サービスから顧客情報約1.4万件が流出 - GMO
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構