Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重大インシデントをリアルタイムに検出するログ管理アプライアンス - RSAセキュリティ

RSAセキュリティは、重要度の高いインシデントのリアルタイム検出など機能強化を行った統合ログ管理アプライアンスの最新版「RSA enVision 4.0」を、6月30日より発売する。

同製品は、組織内の機器が作成するログを一元管理する統合ログ管理アプライアンス。最新版ではモニタリング機能を強化しており、複数の情報ソースの突合せや相関分析、フィルタ、監視リストなどを用いて、発生しているイベントから重要度の高いインシデントをリアルタイムで検出する。セキュリティ監視の状況を視覚的に把握できるダッシュボード機能を改善している。

また、処理の効率化や管理運用の負担を軽減する「エンド・ツー・エンドのインシデント管理」を装備。インシデント発生通知からインシデント対応の自動的な優先度付け、情報の分析、フォレンジック、侵入発生時からの追跡、対応完了までを一連のプロセスとして管理できる。

(Security NEXT - 2009/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研