Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重大インシデントをリアルタイムに検出するログ管理アプライアンス - RSAセキュリティ

RSAセキュリティは、重要度の高いインシデントのリアルタイム検出など機能強化を行った統合ログ管理アプライアンスの最新版「RSA enVision 4.0」を、6月30日より発売する。

同製品は、組織内の機器が作成するログを一元管理する統合ログ管理アプライアンス。最新版ではモニタリング機能を強化しており、複数の情報ソースの突合せや相関分析、フィルタ、監視リストなどを用いて、発生しているイベントから重要度の高いインシデントをリアルタイムで検出する。セキュリティ監視の状況を視覚的に把握できるダッシュボード機能を改善している。

また、処理の効率化や管理運用の負担を軽減する「エンド・ツー・エンドのインシデント管理」を装備。インシデント発生通知からインシデント対応の自動的な優先度付け、情報の分析、フォレンジック、侵入発生時からの追跡、対応完了までを一連のプロセスとして管理できる。

(Security NEXT - 2009/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS