Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米McAfee、DLPスイートを発表 - 統合製品ながらウェブ向け製品と同等の価格帯

米McAfeeは、ウェブやメール、ネットワーク経由の情報漏洩を防止する「Total Protection for Internet Gateways」を発表した。

同製品は、送受信ポリシーにより内部からの情報漏洩を防止できるDLPスイート。ブロックされたマルウェアやウェブフィルタリング、HTTPやFTPといったプロトコル別のウェブトラフィック量、情報漏えいポリシーの警告状況を確認できるレポート機能も用意している。

また同社のセキュリティ管理コンソール「McAfee ePolicy Orchestrator」で一元管理が可能。同社では、統合製品ながらウェブ向けのセキュリティ製品と同等の価格帯を設定する予定だという。

(Security NEXT - 2009/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売
エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供