Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアを配布するサイトの8割以上が信頼性の高いドメインを利用 - メッセージラボまとめ

メッセージラボジャパンは、5月に検知したウイルスおよびスパムの状況について取りまとめた。マルウェア配布サイトは激減したものの、スパムはさらに増加してメール全体の9割以上を占める結果となった。

同社のレポートによれば、マルウェアなど悪意あるコンテンツをホストしているサイトは1日あたり1149件検知され、4月の3561件から67.7ポイントの減少を記録した。

しかし、5月に検知されたマルウェア配布サイトの84.6%は、設立から1年以上経過した信頼性の高いドメインを使用したものだったという。アダルトサイトなど信頼性の低いサイトを利用する従来の手法から、定評のあるドメインを利用してマルウェアを配布する手法へと傾向が変化しているとして、同社では警戒を強めている。

ウイルス感染メールの割合は0.31%で、前月とほぼ同水準だった。悪質なサイトへのリンクを含むメールは7.0%で、前月より6.3ポイント減少している。フィッシングメールの割合は0.36%ととなり、前月より0.11ポイント増加している。

また5月にはより多くのスパムが出回っており、流通するメール全体に占める割合が前月より5.1ポイント上昇して90.4%となった。その多くは件名とリンクのみ記載されたメールだったが、画像スパムの増加も続いており、フォントの異なるロシア語をつなげて作成されたスパムも見つかっている。

スパムの配信技術も向上しており、2008年に流通したCAPTCHA突破、ソーシャルネットワーキングスパム、ウェブメールを使用したスパミングなど複数の技術を組み合わせ、1つのテクニックとして利用することで攻撃の効果を高める傾向があると同社は指摘している。

国内の傾向を見ると、スパムの割合は88.5%で、4月の86.4%から増加した。ウイルス感染メールの割合も1852通に1通の割合となっており、前月よりわずかに増えた。

(Security NEXT - 2009/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し
ESETによる3月のマルウェア検出、JavaScript型が20ポイント以上減
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
ネットバンキングの不正送金、2016年は1291件で16.8億円の被害
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加
ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し
2月のESETによるマルウェア検出、6割以上がJavaScript型