Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンビニで買い物中に自転車の前かごから個人情報が盗難 - 福井工大

福井工業大学は、学生の個人情報や成績などが保存されたノートPCやUSBメモリを原子力技術応用工学科の教授が紛失したと発表した。

6月4日8時ごろ、同大原子力技術応用工学科の教授がコンビニエンスストアに立ち寄って買い物をした際、盗難被害に遭ったもので、数分離れた間に自転車の前かごから鞄ごと何者かに持ち去られたという。

盗まれたのは、ノートPCやUSBメモリ4本のほか、メモ帳やデジタルカメラ、実験ノート、論文など。このうちPCとメモリには、同教授が担当する科目「コンピュータリテラシー」を受講した97人の氏名、出欠状況、点数、成績評価をはじめ、2008年度新入学生382人分の氏名および学力テストの点数、2009年度新入学生8人の数学の点数などが保存されていた。

周辺を探したが見つからず、被害届を提出。大学へは同日夕方に報告した。教授は自宅のパソコンが故障していたことからノートPCを持ち帰っていたという。USBメモリはバックアップに利用していたが、セキュリティ機能などは搭載していなかった。

大学では対象となる学生へ事情の説明や謝罪を行い、所管する文部科学省や福井県に事故を報告。今回の盗難が原因と見られる二次被害の報告はないとしている。また同大を運営する金井学園では保護委員会を開いて個人情報の管理体制を見直し、個人情報の持ち出し規程についても検討する。

(Security NEXT - 2009/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
会員の個人情報含むPCが盗難被害 - 筑西遊湯館
委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市
県立高校で解答用紙が盗難、教諭が買い物途中に - 埼玉県
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
店舗で金庫持ち去り、現金と顧客情報が被害に - ステーキのどん
小学校で施錠保管の家庭環境調査票が所在不明に - 大阪市
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
ポイントカード申込書が金庫ごと盗難 - シャトレーゼ