Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監視内容によりリアルタイムに設定を変更できるネットワーク監視ツール

丸紅情報システムズは、米InMon製ネットワーク監視ツール「トラフィック・センチネル」の最新版を発売した。

同製品は、ギガビットネットワークに対応したデータ監視ソフトウェア。最新版となる「同バージョン4.0」では、監視データの分析内容に応じて、ネットワークの設定をリアルタイムで変更できる「トラフィックコントローラー」機能を搭載。定めた量を超えるトラフィックが発生した場合に設定を変更し、通信量を制御することが可能。

さらにIPv6環境のトラフィック情報収集に利用するInMon社が開発したネットワークプロトコル「sFlow」や、Cisco Systemsの「NetFlow」に対応したほか、遠隔地を接続する「VPLS」をサポート。またポートスキャンの状況を収集、レポートする機能を装備している。

価格は262万5000円から。年間保守契約を結んでいるユーザーは無償でアップグレードが行える。

(Security NEXT - 2009/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS