Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監視内容によりリアルタイムに設定を変更できるネットワーク監視ツール

丸紅情報システムズは、米InMon製ネットワーク監視ツール「トラフィック・センチネル」の最新版を発売した。

同製品は、ギガビットネットワークに対応したデータ監視ソフトウェア。最新版となる「同バージョン4.0」では、監視データの分析内容に応じて、ネットワークの設定をリアルタイムで変更できる「トラフィックコントローラー」機能を搭載。定めた量を超えるトラフィックが発生した場合に設定を変更し、通信量を制御することが可能。

さらにIPv6環境のトラフィック情報収集に利用するInMon社が開発したネットワークプロトコル「sFlow」や、Cisco Systemsの「NetFlow」に対応したほか、遠隔地を接続する「VPLS」をサポート。またポートスキャンの状況を収集、レポートする機能を装備している。

価格は262万5000円から。年間保守契約を結んでいるユーザーは無償でアップグレードが行える。

(Security NEXT - 2009/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量