Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種マルウェアの勢い収まらず、年間100万件超の可能性も - G Data調査

G Data Softwareは、同社の研究機関が調査した5月のマルウェア状況について取りまとめ、公表した。新種マルウェアが年間100万件を超える可能性も出てきたという。

レポートによれば、5月の新種マルウェアの発生数は9万1691件。3月の11万3046件、4月の9万3785件から見ると減少傾向にあるものの、依然として高水準で、年間で100万件以上となる可能性も出てきた。

5月に検知されたマルウェアのランキングでは、VMwareなどを通じて感染するトロイの木馬「Stuh」が4.4%を占めて1位だった。ネットワークのトラフィックやキー入力情報を盗み出すほか、Windowsのアップデートを妨害するという。

2位の「Fraudload」は、偽セキュリティソフトやシステムツールを装って購入を誘い、カード情報を盗み出すマルウェア。3位にもシステムのセキュリティ設定を操作したり、Fraudloadと同じ手口でカード情報を盗む「Monder」が入った。4位には「Autorun」、5位には「Buzus」が続いていた。

5月に発生した新種マルウェアを種類別に見ると、トロイの木馬が31.2%を占めてトップ。2位はダウンローダーで25.6%を占めている。以下、バックドア、スパイウェア、アドウェアだった。

また同社では5月にも注意喚起を行っているが、再びトロイの木馬「Glumbler」について再び注意を呼びかけた。

一部で「GENOウイルス」などと呼ばれている同ウイルスは、国内では4月から5月にかけて拡散。サイト改ざんにより不正なスクリプトが埋め込まれる。米国でも同様の手法で攻撃する「Beladen」など現れているという。

これらウイルスは、ページを閲覧しただけで感染するおそれもあることから、脆弱性の解消など基本的なセキュリティ対策を実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2009/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移