Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ミスでフットサル利用者の個人情報を流出 - 埼玉スタジアム

埼玉県公園緑地協会が、利用者にメールを送信した際、誤って氏名とアドレスが表示された状態で送ったことがわかった。

誤送信が発生したのは、埼玉スタジアム2002で開催予定の「ドリームサッカー」の参加者募集メール。5月26日21時半ごろにフットサル利用者371人へ送信した際、宛先を誤って「CC」に設定したため、受信者全員の氏名とメールアドレスが表示された状態となった。

受信者からの指摘があり、事故が判明。埼玉県公園緑地協会では翌27日に、関係者に対し謝罪のメールを送った。またメール送信時には複数の職員がチェックするなど再発に防止に取り組む。

(Security NEXT - 2009/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市