Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国立成育医療センターで個人情報含むUSBメモリを紛失 - 匿名化せず持ち出し

国立成育医療センターの職員が、患者349人分の氏名や妊娠経過などの情報が保存されたUSBメモリを紛失していたことがわかった。

所在が不明になっているUSBメモリには、2006年1月から2008年12月の間に同センターの周産期診療部に入院した患者のうち、349人分の氏名、ID、年齢、妊娠や分娩の経過などが記録されており、5月31日に紛失が判明した。

同センターでは、匿名化されていない個人情報の持ち出しを禁止するなどルールを定めていたが、同職員は自宅で学会準備などの作業を行うため、同センターの許可を得ず持ち出していた。同センターでは、USBメモリには7桁の暗証番号が設定されており、第三者が読みとることはできないと説明している。

同センターでは、関連する患者に対し経緯説明および謝罪を進めているが、個人情報の流出や悪用は確認されていないという。

(Security NEXT - 2009/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸