Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型サービス「ウイルス対策統合管理サービス」を開始 - 日本ユニシス

日本ユニシスは、SaaS型サービス「ウイルス対策統合管理サービス」を7月より提供開始する。

同サービスは、企業のウイルス対策を統合的に支援し、組織などのシステム管理部門における管理工数の削減を支援するSaaS型サービス。ソフトウェアの導入や運用といった予防から被害発生時の復旧まで対応。また、アセスメントやコンサルティングなどオプションなども充実させた。

同社のICT共通基盤にソフォスの「Sophos Endpoint Security and Control」を搭載し、SaaS型サービスとして展開するため、管理サーバの用意が不要。また幅広いプラットフォームに利用することが可能で、25種類以上のサーバーやクライアントOSに対応している。

利用料は、管理台数が1000台の場合、1台あたり700円/月となる予定。

(Security NEXT - 2009/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ