Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キャンペーンメール約4400を誤送信、メールアドレスが流出 - KDDI

KDDIでメールの誤送信事故が発生し、約4400件のメールアドレスが外部へ流出したことがわかった。

今回流出が明らかになったのは、同社が提供する国際電話のウェブサイトで、2009年2月から5月にかけて「001国際モバイルトーク」を申し込んだ顧客のメールアドレス。

同社では、6月2日に「マイル付与キャンペーン」を案内する際、1000件ごとに5回にわけて4464件のメールを送信したが、メールアドレスを宛先に設定する操作ミスが発生。受信者とは関係ない他受信者のメールアドレスが確認できる状態となった。メールアドレス以外の情報は含まれていないという。

同社では、6月2日と翌3日に関連する顧客へメールを通じて流出に関して謝罪し、経緯の説明や流出の原因となったメールの削除を依頼した。また流出したアドレスの不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2009/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙