Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号モジュール認証製品リストに「C-SELECT 1.2」を追加 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が運用する暗号モジュールの認証制度「JCMVP」の暗号モジュール認証製品リストを更新した。

今回追加されたのは、キヤノンが開発した暗号モジュール「C-SELECT 1.2」。同ソフトウェアは、WindowsやMacintosh、Linux向けのソフトウェアライブラリで、暗号化や電子署名、メッセージダイジェストなど暗号化処理を行うことができる。認証日は2009年5月27日。

IPAでは、電子政府推奨暗号リストに記載されている暗号化機能などを実装したハードやソフトにおける暗号モジュールについて、セキュリティ機能や暗号鍵、パスワードなど適切に保護されていることを試験し、認証を行っている。

(Security NEXT - 2009/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM