Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、半年以上にわたり違法メールを送信した事業者へ改善命令

総務省は、特定電子メール法に違反した美容品販売サイトの広告を送信したHolyAceに対して行政処分を行った。

受信者の同意を得ずに、美容関連の製品やダイエット用のサプリメントを販売するウェブサイト「Siena Beauty」の広告メールを送信していたことから、業務改善の措置命令が出されたもの。

同省によれば、同社は少なくとも2008年12月1日から平成21年5月25日まで不正にメールを送信しており、ネールには送信者の名称についても正しく表示していないなど、同法の表示義務にも違反していたという。

(Security NEXT - 2009/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
金融庁、システム障害で東証に業務改善命令 - 外部専門家の検証求める
NTTドコモ、情報漏洩や障害で役員報酬をカット - スマホ環境整備で1600億円を投資
委託先の持ち出しと判断するも証拠や実行者は依然不明 - アリコ報告書
金融庁、個人情報漏洩でアリコに行政処分 - 漏洩範囲や実行者は未だ不明
2年間で約600件システムがリスク管理の対象外だったSBI証券に行政処分
迷惑メール送信で2社を行政処分 - 総務省と消費者庁の特電法共管後はじめて
特定商取引法違反で出会い系サイト事業者を行政処分 - 法改正後、迷惑メール送信最多
三菱UFJ証券に行政処分、金融商品取引法と個人情報保護法に違反