Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリごとに帯域をコントロールできる新モジュール - 日本アルカテル・ルーセント

日本アルカテル・ルーセントは、同社ルータ製品の機能を強化する「AA-ISA(Application Assurance Integrated Services Adapter)モジュール」を発表した。

同製品は、同社ルータ製品の追加モジュールとして動作し、VPNネットワーク上において、アプリケーションが利用する帯域の制御を実現する。ネットワークトラフィックを監視し、ヘッダ情報からアプリケーションを特定、必要に応じてアプリケーションの帯域を確保したり、制限することができる。

同社が開催した報道機関向け説明会では、アジア・パシフィックIP事業部門ディレクターのKent Wong氏が登壇。製品を開発した背景として、サービスプロバイダに従来の帯域を提供するだけのビジネスから、アプリケーションを提供するあらたなバリューチェーンが求められていると指摘した。

その上で、同製品を利用することにより、業務上利用するアプリケーションの帯域を確保する一方、動画など業務とは関係ないトラフィックを把握し、制限できるなど、新製品のメリットを説明した。

また制御の対象はアプリケーション層による判断だけでなく、ウェブアプリケーションや動画サイトなどHTTPを利用するアプリについても個別に対応することが可能で、それぞれに制限をかけることができる。

対応するアプリケーションの具体的な件数については明らかにされていないが、有名なウェブアプリなどについてはすでに対応しており、日々増加するウェブアプリについてもアップデートにより対応する方針。またシグネチャの作成はカナダや米国内で行っているが、今後国内における需要の高まりがあれば、独自に対応していく可能性についても示唆した。

090528al.jpg
Kent Wong氏

(Security NEXT - 2009/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
不正サイトのブラックリスト配信サービス - NTTコム
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
ウォッチガード、AWS向けに「Firebox Cloud」を提供
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション
ニフティ、PCだけでなくIoT全般を保護する家庭向けサービス
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討