Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重複ファイルによるストレージの浪費防ぐソリューション - NTTデータ・セキュリティ

NTTデータ・セキュリティは、メールやファイルの統合管理を実現する米ZL Technologies製ソリューション「ZL Unified Archival」の取り扱いを開始する。

同製品は、重複データによるストレージの無駄な消費を抑制するファイル管理ソリューション。ファイルサーバ内にある複数の同一ファイルや、同じ本文や添付ファイルを持つ複数のメールについて、1セットのみ保存することが可能。情報漏洩対策や内部統制を目的としたデータの集中管理の際に発生するリソースの浪費を抑えることができる。

またグリッドアーキテクチャによる負荷の分散や冗長性の確保を実現。データの増加に応じ、サーバや仮想マシンを追加し、拡張できる。また検索用インデックスを自動生成することで、高速な検索や抽出が可能。

(Security NEXT - 2009/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit