Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重複ファイルによるストレージの浪費防ぐソリューション - NTTデータ・セキュリティ

NTTデータ・セキュリティは、メールやファイルの統合管理を実現する米ZL Technologies製ソリューション「ZL Unified Archival」の取り扱いを開始する。

同製品は、重複データによるストレージの無駄な消費を抑制するファイル管理ソリューション。ファイルサーバ内にある複数の同一ファイルや、同じ本文や添付ファイルを持つ複数のメールについて、1セットのみ保存することが可能。情報漏洩対策や内部統制を目的としたデータの集中管理の際に発生するリソースの浪費を抑えることができる。

またグリッドアーキテクチャによる負荷の分散や冗長性の確保を実現。データの増加に応じ、サーバや仮想マシンを追加し、拡張できる。また検索用インデックスを自動生成することで、高速な検索や抽出が可能。

(Security NEXT - 2009/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化