Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プライバシーマークの不正利用サイトが発生 - JIPDECが注意喚起

日本情報処理開発協会(JIPDEC)は、プライバシーマークが一部ウェブサイトで不正に利用されているとして注意喚起を行った。

プライバシーマークを利用するには、同協会と「プライバシーマーク付与契約」を締結する必要があるが、26日に不正利用している4サイトが確認されたという。同協会では問題のサイトに対して削除勧告を実施し、監視を行っている。

編集部でアクセスしてみたところ、26日の時点で4サイトいずれも掲載が行われたままだった。またマークの不正利用にとどまらず、「日本情報処理開発協会よりプライバシーマークが付与されている」など、実際とは異なる表記を行っているサイトもある。

同協会では今回の問題を受け、不正利用している事業者を見つけた際は、同協会まで連絡してほしいと同制度のウェブサイトで呼びかけている。

日本情報処理開発協会
http://www.jipdec.or.jp/

(Security NEXT - 2009/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意