Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサーバと同居できるホスト型WAF製品 - JP-Secure

ジェイピー・セキュアは、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の新製品「SiteGuard for Server」を6月1日より発売する。

同製品は、ウェブサーバなどと同一ハード上で動作させることができるホスト型のWAF製品。ゲートウェイ型の製品と異なり、ネットワークの変更などが不要。VMwareによる仮想化環境もサポートしている。

定義ファイルによりウェブアプリケーションに対する攻撃を防御することが可能で、チューニングが不要。最新の攻撃に対しても自動更新にて対応することができる。

対応プラットフォームは、「Redhat Enterprise 3.0」「同4.0」「同5.0」「Turbolinux 10 Server」「同11 Server」。価格は、初年度のライセンスおよびサポートが付属して82万9500円。2台以上導入する場合は、ボリュームディスカウントが用意されている。

(Security NEXT - 2009/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定
SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
MBSD、AWSに特化したセキュリティ監視サービス
JP-Secure、ホスト型WAFをバージョンアップ
日立システムズ、金融機関向けにサイバー攻撃対策パッケージ
NTTコム、クラウドのシステム構築行うSIer向けにセキュリティサービス
DSR、クラウドWAFと脆弱性診断の連携サービスを開始