Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客の個人情報を別の顧客へ誤送付 - 住友信託銀行グループ会社

住友信託銀行グループのすみしん不動産は、従業員が顧客の個人情報を記載した文書を、別の顧客へ誤送付していたことを公表した。

4月18日に顧客の氏名や電話番号、メールアドレス、不動産の所在地など記載した書類を誤送信したもの。同社では事故判明後、関係者へ事情を説明し、謝罪した。

(Security NEXT - 2009/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 北星信金
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及