Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティの動向を収録した「情報セキュリティ白書2009」が出版

情報処理推進機構(IPA)は、「情報セキュリティ白書2009」を出版した。出版社は、毎日コミュニケーションズで、価格は1200円。

同書は、情報セキュリティに関する被害や対策、制度、産業、資料など2008年の情報セキュリティに関する動向を収録した白書。利用者側、供給者側双方の視点から動向を分析した。

「中小企業の情報セキュリティ対策」「組込みシステムセキュリティ」「米国での脆弱性対応の現状」など個別のテーマについても取り上げた。また3月に公開した情報セキュリティに関する「10大脅威」を収録している。

(Security NEXT - 2009/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
IPA、「情報セキュリティ白書2016」を発売 - 8月に電子書籍版も
IPA学生向けセキュリティ啓発コンクールで受賞作が決定 - 学校39校が特別賞
「情報セキュリティ白書2015」が登場 - IoTや標的型攻撃の話題も
【書籍】IPA、「情報セキュリティ白書2014」を発行 - 電子版もリリース予定
【書籍】インシデント状況や攻撃手口などを解説した「情報セキュリティ白書2013」
標的型攻撃やスマホなどあらたな課題を収録「情報セキュリティ白書2012」
スマホやクラウドの課題も収録した「情報セキュリティ白書2011」
IPA、「情報セキュリティ白書2010」を発刊 - 個別テーマ充実、10大脅威も収録
IPAが2008年10大脅威を発表 - 「多様化する脅威へ立場に応じた対策を」