Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンカレッジ、システム変更の承認から監査まで対応するソリューション

エンカレッジ・テクノロジは、内部統制においてシステム変更などの重要操作について申請や承認をワークフロー化し、操作申請内容と実際に行われたシステム操作内容の突き合わせを自動化するソフトウェアを6月末より発売する。

今回発売となる「ESS AutoAuditor」は、システムエンジニアが特権IDを利用して行った作業など、管理者の管理が必要となる作業の申請や承認を支援するソフトウェア。「Office SharePoint Server 2007」や「Windows SharePoint Services 3.0」のアドオンとして動作する。

作業の申請から実施後の確認まで一連のワークフローをオンラインで処理することが可能。さらに申請の内容と実際の操作記録を突き合わせ、点検や監査を自動的に行うことができる。価格は300万円から。操作画面を記録し、不正や誤りを分析するESS RECの基本構成が別途必要。

(Security NEXT - 2009/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
FAE、情報漏洩対策ソフトを機能強化 - USBメモリやスマホ管理に対応
日立ソリューションズ、「内部不正防止ソリューション」をリリース
日本ウェアバレー、データベースの不正アクセス対策製品を発売
G Data、法人向けセキュリティ対策ソフトの新版を発売
ディアイティ、不正なローカルアカウントを洗い出す新サービス
【書籍】クラウドを法的側面から解説した「クラウド・コンピューティングの法律」
日立ソリューションズ、スマートデバイスのセキュリティ対策をクラウドで提供
G Data、企業向けセキュリティソフトの最新版を発売 - アプリ制御備えた新製品を投入
富士通四国システムズ、WindowsとAndroidのポリシー統制を支援するサービス