Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

強風により個人情報記載した書類が飛散 - 仙台市

仙台市は、高齢者向けに食事の提供や安否確認を行う「仙台市高齢者食の自立支援サービス事業」において、受託事業者の従業員が個人情報を紛失したと発表した。

5月14日15時15分ごろ、青葉区内のサービス提供先でファイルを落とした際に、個人情報が記載された7人分の「個人別サービス確認票」を紛失したもの。綴じていた書類がはずれ、7人分が強風により飛散したという。

翌日になって2人分が見つかったものの、5人分が見つかっていない。書類には氏名や住所、電話番号など利用者5人の個人情報のほか、関係者7人分の氏名や電話番号が記載されていた。同市や委託先では利用者や関係者に対して事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

段ボール箱開き個人情報含む書類がトラックから飛散 - 岩国市
廃棄公文書が収集時に飛散、一部未回収の可能性 - 大阪市
融資受けた顧客の書類が飛散、一部回収できず - 中央労金
顧客情報含む書類が運搬中に飛散、一部紛失か - 四国電力
個人情報記載の書類が突風で国道上に散乱、一部回収できず - 大阪市
個人情報記載の書類が強風により飛散、一部回収できず - 農水省
入院患者の処方箋が路上に散乱、回収漏れの可能性も - 八王子の精神科病院
廃棄カルテが運搬中の車両から飛散 - 浦河赤十字病院
個人情報含む廃棄書類が運搬中に落下し散乱 - 横浜市
航空機から荷下ろし中に郵便物が強風で飛散、一部紛失の可能性