Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で市民サポーターのアドレスを流出 - 福岡市消防局

福岡市消防局は、「応急手当市民サポーター」の登録者100人にメールを送信した際、誤って全員のアドレスが表示された状態になったと発表した。

流出したのは、応急手当の指導者の資格を持ち消防職員と救命講習の指導を行う「応急手当市民サポーター」127人のうち、メールでの連絡を希望した100人のアドレス。

5月15日11時40分、メールのテスト送信を行った際、送信者全員のアドレスが表示された状態で送られた。原因は、送信の際の人的ミスだった。受信者からの連絡により、同日18時20分ごろ判明したという。同市では、対象となる市民に対し説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2009/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大