Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトンが新会社設立、組織のセキュリティ対策を相対評価するサービスを提供

ソリトンシステムズは、新会社「アイティー・レーシオ」を設立し、組織の情報セキュリティ対策を相対的に評価するサービスを開始すると発表した。

同サービスは、ログ収集ソフト「Info Trace」で収集した約50項目のデータをもとに組織の情報セキュリティ対策を数値化、サービス利用企業間における相対評価できるセキュリティソリューション。

各項目について平均値、偏差値、分布などを算出。比較評価による順位付けを実施するため、項目ごとの順位を確認することで、セキュリティ対策における自社の弱点を把握することができる。

また、収集された50項目のデータは「運用プロファイル」「運用モラル」「テクニカレベル」「コンプライアンス」「管理コスト」「異常操作検知」の6項目に集約され、ほかの組織と比較した相対的な視点から評価するとともに、効果的な対策の指針となるデータを提供する。

(Security NEXT - 2009/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
NISTフレームワークへ対応したリスク評価サービス - SecureWorks