Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトンが新会社設立、組織のセキュリティ対策を相対評価するサービスを提供

ソリトンシステムズは、新会社「アイティー・レーシオ」を設立し、組織の情報セキュリティ対策を相対的に評価するサービスを開始すると発表した。

同サービスは、ログ収集ソフト「Info Trace」で収集した約50項目のデータをもとに組織の情報セキュリティ対策を数値化、サービス利用企業間における相対評価できるセキュリティソリューション。

各項目について平均値、偏差値、分布などを算出。比較評価による順位付けを実施するため、項目ごとの順位を確認することで、セキュリティ対策における自社の弱点を把握することができる。

また、収集された50項目のデータは「運用プロファイル」「運用モラル」「テクニカレベル」「コンプライアンス」「管理コスト」「異常操作検知」の6項目に集約され、ほかの組織と比較した相対的な視点から評価するとともに、効果的な対策の指針となるデータを提供する。

(Security NEXT - 2009/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定