Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパム配信国ランキングでトルコが圏外から3位へ急上昇 - トレンドまとめ

トレンドマイクロは、4月に同社が観測したスパムに関する状況をとりまとめ、発表した。

今月も前回に引き続き首位は米国で、ブラジルが次点となったが、ロシアが前回からひとつ順位を落として4位となり、圏外から急上昇したトルコへ3位を譲った。またポーランドが9位から5位へ大きくランキングを上げたという。

スパムを配信するISPの上位10社中4社はブラジルで、米国からも2社がランクイン。今回順位を上げたポーランドからは1社入ったが、3位となったトルコからトップ10に入るISPはなかった。

トレンドマイクロによれば、4月は米国の確定申告シーズンを狙ったスパムが増えており、日本人や日本法人といった米国非居住者などを狙った手口も見つかっている。また国内では定額給付金に関する詐欺メールが出回っているほか、新型インフルエンザ騒動の便乗する攻撃も発生した。

そのほか、大手クレジットカード会社を装った詐欺行為やアダルトカテゴリに関するスパムメールの被害報告が深刻だったという。同社がまとめたスパム配信国のランキングは以下のとおり。

1位:米国
2位:ブラジル
3位:トルコ
4位:ロシア
5位:ポーランド
6位:インド
7位:韓国
8位:スペイン
9位:コロンビア
10位:アルゼンチン

(Security NEXT - 2009/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇