Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

商標関連サイトが改ざん被害 - 管理者PCのパスワード盗難が原因か

大槻国際特許事務所は、同社が運営する商標関連サービスを提供しているウェブサイト「商標登録ホットライン大阪(106HOTLINE)」において、改ざん被害が発生したことを明らかにした。

同サイトのページ上に不正なJavaScriptが埋め込まれたもので、被害に気が付き5月14日18時過ぎにアクセスを一時制限したという。感染時期、改ざんの原因は特定されていない。

同社では類似の事例を挙げ、ウイルス感染をきっかけに管理者用のパソコンからウェブサイトの更新に利用するIDやパスワードが盗み取られた可能性があるとしている。

ウイルス感染など、また今回の改ざんによる閲覧者への影響についても詳細はわかっておらず、同社ではウイルススキャンサービスの活用など、感染の確認や駆除を実施するよう利用者へ呼びかけている。

同社では、管理者のパスワードの変更し、改ざんされていないファイルへ書き換えなどを実施し、同月15日4時ごろよりサービスを再開した。また同社の運営する商標業務への影響をはじめ、個人情報や業務情報の漏洩や改ざんといった被害の可能性について否定している。

(Security NEXT - 2009/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬